コーヒーは実は口臭に悪影響を及ぼすってホント?

コーヒー 口臭

コーヒーって皆さん飲んでますか?

独特な香りで非常にリラックスさせてくれる優れた飲み物ですが、

実は口臭の原因になり得ることをご存知だったでしょうか?

 

実は私も大のコーヒー好きですが、1日に何杯も飲んでいると口臭が気になり出します。

当サイトで紹介しているゴッソトリノを使用して緩和させたりと、

色々と工夫しています。

では、一体コヒーの何が原因で口臭を引き起こすか、どうすれば対策が出来るのか、

について簡単にご紹介していきたいと思います。

コーヒーで口臭になる原因とは

コーヒーで口臭になる主な原因は数多く含まれる微粒子が雑菌のエサになるからです。

当然のことながら砂糖やミルクを入れる方がブラックコーヒーよりも口臭の原因になり易いです。

コーヒーを飲むとコーヒーに含まれる微粒子が舌に付着し、

その微粒子をエサに雑菌が繁殖し出します。

その後雑菌がそのエサを食べた後に出るガスが悪臭を放つのです。

 

これがコーヒーで口臭が発生する大きな原因です。

基本的に1杯程度飲む分にはさほど影響しませんが、

1日に何杯も愛飲される方は気を付けるようにしましょう。

では、そんなコーヒーを大量に飲んでしまった場合の対処方法・予防方法もご紹介していきます。

口臭の予防・対処方法

では、具体的にどのような方法をすればコーヒーを飲んでも口臭を防ぐことが出来るでしょうか。

答えはずばり舌についた微粒子をそぎ落とせば良いのです。

舌ブラシを使用して優しく落としてあげましょう。

 

また、外出先等で舌ブラシなんて使用出来ないといった場合には、

マウスウォッシュを使用されることをオススメします。

汚れを落とすことの出来るマウスウォッシュを使用された方がより効果的です。

 

続いて予防方法についてですが、

空腹時のコーヒーの摂取を控えるようにして下さい。

空腹時は口腔内の細菌が活性化しやすく、雑菌たちが元気に活動してしまいます。

そうなればより一層口臭が強くなるでしょう。

まずは飲む回数を減らして、空腹時には極力避けるといったことである程度予防出来ます。

 

予防・対策についてお話してきましたが、外出先や仕事中などではなかなか洗浄するのは難しいですよね。

そんなときに個人的にオススメなのはガムを噛むことです。

ガムを噛むだけでも口臭の予防にはなります。

ただしシュガーレスのものを噛むようにしましょう。

砂糖もまた雑菌の養分になってしまいます。

 

以上、コーヒーが大好きな人のために解説してきました。

何か参考になれば幸いです。