口臭がドブ臭いと言われないための対策!若年層も必見

口臭原因

口臭に関する悩みは中高年の男性に多いと思われがちです。

しかし、一方で若い女性であっても実は口臭に悩まされるケースは頻繁にあることです。

つまり、全年齢の方が口臭に悩まされる可能性は十分にあるということです。

 

そして口臭の原因は様々なものがありますが、

口腔内で異常が起きているということは間違いありません。

早めの対処しを行っていきましょう。

年齢が高くなると口臭のリスクは高くなる

多くの方が思われているように確かに中高年になればなるほど、

口臭の悩みを抱えている人は多いのは事実です。

実際にそういった調査結果があります。

 

なぜ年齢が上がると口臭の問題が出てくるのでしょう。

老化することによって唾液の分泌量が減り、ドライマウスになったり、

歯周病になってしまったり、入歯になったりと口腔内のトラブルが増えるのです。

 

そういった口腔内のトラブルが口臭を引き起こすことが多々あります。

「まだ私は若いから大丈夫」と思っていても油断は禁物です。

日常的に口の中の健康に対して気を使っていくようにしましょう。

 

よくある口臭トラブルの原因

口が臭くなる原因は様々なものがありますが、

よくある原因についてご紹介していきます。

歯周病による原因

歯と歯茎の境目を中心に発症していく炎症です。

歯磨きをした際には頻繁に血が出るケースが頻繁にあります。

悪化してくると歯を固定している骨にまで影響が出てきて、

歯がグラグラしてきます。

 

最終的には歯茎から膿が出てきます。そして、現代の医療では治療が出来ないので、

抜歯するしか方法が無くなります。

こういった膿が臭いの原因になる事は頻繁に見受けられます。

虫歯による原因

虫歯も悪化してくると臭いの原因になります。

歯周病と同様に歯の内部から膿が発生し、

この膿が強烈な臭いを発します。

ドライマウスによる原因

雑菌が増加してきても基本的には唾液による殺菌作用により口臭を防ぐことが出来ます。

しかし、加齢と共に唾液の分泌量が減少し、殺菌することが困難になります。

すると雑菌が増殖し、口臭を引き起こします。

 

加齢に対する口臭のまとめ

今回ご紹介したように口臭には口腔内の環境悪化が大きな原因になります。

ご自身の口臭の原因を特定し、主な原因を突き止めることで適切な対応をしていきましょう

 

自分ではなかなか分からないことも多いので定期的に歯医者へ通院することをオススメします。