口臭を消す方法とは!?自分ひとりで解決する方法とは

口臭の解決方法

口臭での悩みというのは多くの方が抱えている問題です。

しかし、口臭の解決はそれほど簡単でない場合が多々あります。

 

また、自分の口が本当に臭っているかどうかもよく分からなくて不安な方もいるでしょう。

今回は口臭に悩む方や臭っているかもと不安になっている方のために、

セルフケアで解決する方法をご紹介していきます。

口臭の原因は口の中?

口臭が発生する原因の8割以上が口腔内のトラブルとされています。口の中

全身疾患が原因となって表れる口臭の場合もありますがほとんどが

口腔内の雑菌が食べかす(たんぱく質)を分解して発生する悪臭によるものなのです。

つまりはほとんどの人は口腔内の対策をしっかりと行うことで、

口臭の悩みから解放されることになるでしょう。

口臭を確認する

では、まずあなた自身で本当に口臭が出ているのかを確認することから初めてください。口臭の確認

まず、臭いが出ているか出ていないかを確認する方法をご紹介していきます。

舌苔を確認

舌苔とは舌の表面に出来る白い雑菌たちです。

通常どんな人であってもこの舌苔は出来てしまいます。人間の生理現象なのでこれ自体を止めることは出来ません。

しかし、注目すべきは舌苔の色で特に黄色く変色している際は口臭が出ている可能性が高いです。

また、実際にティッシュペーパー等で舌を擦って臭いを確認して下さい。

悪臭がした際は要注意です。

唾液の味を確認

自分の唾液の味ってなんとなく分かりますか?

食べたものによって、食後の唾液の味が変化すると思います。

この唾液の味がすっぱかったり、苦みを感じた際は非常に危険です。

口臭がキツく出ている可能性があります。

自分の息を臭う

自分の息を臭うためにポリ袋を用意して下さい。

一度大きく息を吸ってポリ袋の中に吐き出して下さい。

そのあと30秒~1分ほど待ってから袋の中を臭ってみて下さい。

ここで口臭を感じたならば間違いなくあなたの口から口臭が出ています。

自分の息の場合臭いの判別がつきにくくなりますので、必ず数十秒おいてから臭いを臭うようにして下さい。

口臭を消す具体的な方法

ここまでで自分の口臭が本当に臭いかどうか判断がおおよそできたと思います。

では、具体的に口臭を自分で予防する方法をご紹介していきます。

ガム(シュガーレス)を噛む

キシリトールが含まれるガムを噛むことを推奨します。

キシリトールには唾液の分泌を促す効果が期待出来ます。

唾液の分泌量と口臭には深い関わりがあり、唾液があまり出ない人は

口腔内が乾燥し、雑菌が繁殖してしまいます。

唾液には雑菌を殺菌する効果が期待出来るのです。

すっぱいものを摂取する

これも唾液を多く分泌させるのに効果的なことです。

すっぱいものを食べたり、すっぱいものの画像を見たりすることで唾液が多く分泌されます。

口腔内の唾液の量を増やし、唾液に殺菌してもらいましょう。

舌ブラシを使用する

舌の上の舌苔を取り除くのも非常に大切なことです。

専用の舌ブラシが販売されているので、専用品を使用して舌を清掃しましょう。

歯ブラシで強く磨くのは危険です。舌が傷つきかえって舌苔が増加してしまう原因になり得ます。

マウスウォッシュを歯磨きと併用する

一般的な方法ですがマウスウォッシュにはかなりの効果があります。

特にゴッソトリノ等の雑菌のエサになるたんぱく質を除去してくれるようなマウスウォッシュがオススメです。

多くの人の歯磨きの時の磨き残しは75%以上と言われているので、

磨き残しを減らすためにも積極的にマウスウォッシュを使用しましょう。

オススメのゴッソトリノの詳細は当サイトの別記事でまとめています。⇒ゴッソトリノの効果検証

最後に

口臭の解決方法

以上がセルフケアで解決する口臭問題についてでした。

当たり前のこともたくさんご紹介しましたが、そうした日々のケアが口臭を削減する大きな一歩になります。

自分で出来る限りの口臭ケアを行ってもまだ口臭が気になる場合は重大な疾患が潜んでいるかもしれません。

その場合はすみやかに専門医に診てもらうようにしましょう。

 

総合病院には「口臭外来」が設けられてある場合がありますので、

お住まいの近くの病院に「口臭外来」が存在するか確認してカウンセリングを受けてみて下さい。