【注意喚起】口臭予防にミンティアは有効ではない!食べ過ぎ注意!

ミンティア 口臭

口臭の悩みは年齢がかさむにつれて増加していきます。

若い時はそんなに気にならなかったのに最近は自分の口臭が気になりだしたという人も多いと思います。

そんな中、口臭予防としてミンティアなどのタブレットを使用している人も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、ミンティアでは根本的な口臭対策にはなりません。

では、なぜ口臭対策にならないのか、どのように口臭対策をしていけばよいのか、

具体的に掘り下げてお話をしていきます。

ミンティアが口臭予防にならない理由

まず、ミンティアが口臭予防にならない理由についてですが、

それは口臭を緩和させるような成分が含まれていないからです。

【ミンティアの成分】ミンティア 成分

甘味料(ソルビトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、香料、ショ糖エステル、微粒酸化ケイ素、カフェイン、クチナシ色素、(一部にゼラチンを含む)

これらの成分を見ても分かりますが、口臭を軽減させるような成分は一切入っていません。

ミントの効果によって爽快感を感じることが出来るので、

口臭予防をしているかのような錯覚になる」だけなのです。

 

確かに食べて(舐めて)いる間は口の中からミントの香りが漂いますが、

あくまでも一時的なもので臭いを誤魔化しているだけです。

よって、ミンティアは口臭対策として食べるものではないということです。

(注意)ミンティアを食べ過ぎると・・・

また、ミンティアは食べ過ぎると弊害が出てきます。ミンティア

ネット上でも食べ過ぎると「舌が痛くなった」「下痢になった」などの口コミが目につきます。

これは糖アルコールと呼ばれる甘味料(ソルビトール)が消化器官で消化しずらく、

そういった問題が発生します。

1日に1ケースほどでは問題は出ないと思いますが、2ケース以上食べると身体に弊害が出てくる場合があるので注意して下さい。

ミンティアの活用方法

ミンティアのデメリットについて多くを語りましたが、当然メリットもあります。

運転中や勉強中の眠気覚まし、焼肉のお口直しなど活用方法はいくらでもあります。

味も美味しいので食べていてストレス解消にもなりますよね。

 

私が言いたいのは口臭対策品として使用するのはオススメしない。ということです。

根本的に口臭を解決するマウスウォッシュ

口臭を本気で改善したいのであれば、当サイトでは徹底した歯磨きと併用してゴッソトリノをオススメします。

口臭の主な原因は磨き残し等による食べかすなどが雑菌に食べられて悪臭を発することから起こります。

その他にも体内から臭う場合もありますが、口の中が原因であるケースが80%を超えます。ゴッソトリノの効果

 

つまり、口臭を予防するにはまず最初に口腔内を疑え!ということです。

日々の歯磨きでは磨き残しが75%程度あると言われています。

そんな磨き残しを少しでも減らすためには歯磨き+αで使用出来る、

マウスウォッシュをオススメします。

 

その中でもゴッソトリノは口腔内の汚れ(たんぱく質)を分解することが出来、

通常のマウスウォッシュのように殺菌効果もあるというマウスウォッシュとしては非常に画期的な商品です。

口臭に対して本当に悩んでいる方は是非一度ゴッソトリノを使用して、口臭予防をしてみて下さい。

ゴッソトリノという商品を詳しく知りたい方は別の記事でまとめていますので、参考にしてみて下さい。⇒ゴッソトリノの効果検証