白い舌になる理由、原因は一体?その解決策とは?

口臭 舌苔

舌が白くなっていることはありませんか?

また、白い舌の場合見た目が結構悪く、他人にもよくない印象を与えてしまいます。

 

実際に舌が白くなると口臭の原因になってしまうこともよく見受けられます。

そんな舌が白くなることを舌苔と呼びます。

舌苔は様々な原因により発生します。

 

今回はそんな舌苔の発生する原因とその解決策について迫っていきたいと思います。

白い舌になったしまう理由

舌苔の原因は舌の表面に食べかす等のたんぱく質に対して白血球と唾液が付くことによって、

雑菌がその付着したものをエサとして増殖することによって生まれます。

つまり、ごみに集まる虫のようなもので、様々な異臭を発生します。

 

この雑菌がたんぱく質をエサとして食べると悪臭を放ちます。

 

白い舌は見た目も悪く、他人に対して悪印象を与えてしまいます。

また、臭いもひどく口臭の原因の7~8割はこの舌苔が原因ともいわれています。

 

つまり、口臭を改善したいのであれば、舌苔を治す必要が必要不可欠なのです。

【舌苔とは】

舌苔の一例。苺舌時に生じたもの

舌苔(ぜったい)は、舌に付着する白い苔状のもの。

舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したもののこと。ストレスなど心身系の原因のほか、疫力が低下したり、消化器系の疾患によっても見られるようになるので、その判断の指標にもなる。

また溝状舌の場合は舌苔がたまりやすい。口臭の原因となることもある。従来は除去を勧める歯科が多かったが、現在では自然な生体反応の一つであると考え、また舌粘膜の保護の観点から、物理的除去よりも根本原因の解決を図ることが多い。除去の方法としては舌ブラシなどがある。

舌の細胞は非常に敏感で、空気中に数秒触れるだけで白っぽく変色する。この変化は正常なので、ブラシ等で擦っても取れることはなく、健康な細胞を傷つけてしまうことになる。正常な舌は、口内の上部に常に当たっているのが普通で、この場合は自然に汚れが落ちるが、舌の筋力が低下している低位舌の場合、舌が上部に接触していないので、汚れがこびりついてしまうことが考えられる。

出典:Wikipedia

ウィキペディアに記載されている内容は外的要因(舌ブラシ)等によって除去するのではなく、

根本的な解決をする必要があると記載があります。

 

その根本的な解決とはどういうことでしょう。

具体的な解決方法をご紹介します。

舌苔を根本的に解決する方法

舌苔の解決方法

根本的な解決をするには一言でいうとサラサラな唾液を分泌させることが重要です。

サラサラな唾液が多く出ると、雑菌をキレイに除去してくれるのです。

そうすることで口腔内の環境が劇的に良くなります。

 

では、肝心なサラサラな唾液を出す方法はどうしたら良いのでしょう。

 

サラサラな唾液を分泌させるには

  1. 食事はしっかりと噛む。
  2. 甘いもの・炭水化物を食べた際は即座にうがいをする
  3. 硬い食事を定期的に摂取する
  4. 寝る前と起きた時は必ず歯を磨く

 

一言でいうと健康的な生活を行うことで免疫力が上がり、

舌苔が出来にくい身体になっていきます。

不規則な生活を辞め、規則正しい生活を心掛けていきましょう。

 

このサイトで紹介しているゴッソトリノは舌苔を除去するのにも大きな効果を引き出します。

食後、主に寝る前などに活用してみても良いかもしれませんね。